祝卒業

春期講習の先行予約を

していただいた生徒さんの中で

先日、体験レッスンに

参加してくれた新高1年の

女の子がおられました。

(ちなみに春期講習の

体験レッスンは終了しました)


とても英語が好きで、

近い将来、留学をしたいという

夢があるとのこと。


オンライン英会話で

フィリピン人の外国人講師と

「英語で自己紹介をする」

というレッスンをしました。





英会話では、

当塾はいつも事前に外国人講師と

生徒さんの学習進捗状況

(学習の成長度合いや課題など)の

情報共有をしながら、

ご自身の目標に合わせて

レッスンプランを立てています。


1レッスン25分ですが、

マンツーマンでずっと英語を

聴いて話していなくてはならないので

慣れていないとなかなか大変です。


初めてのレッスンで

疲れた様子ではありましたが、

「楽しかった」

そう仰っていました。


「話せるようになりたかったら

実際に話す」

それしか話せるようになる

道はありません。


是非、ご自身の夢を実現させて

頂きたいと思います。

夢は持っている人にしか

叶えられません。



さて、

中学校も卒業式が終わり、

修了式も来週、というところが

多いのではないでしょうか。


ちなみに、

1学期、2学期は「終業式」、

3学期の終わりは「修了式」

と言います。


私の中学教師時代、

最後の卒業生となった

生徒たちもこの3月で

大学の卒業式を迎えています。


勤務していた学校に

以前に実際にあった

「北原塾」の生徒たちからも

無事に卒業をしたという

お知らせを頂きました。


その中には、

中学以降、たくさんの仲間の支えと

彼自身の懸命な努力により

無事に卒業できた

車椅子の生徒も。


今まで決して

あきらめることなく、

腐ることなく

いつも周囲に笑顔を絶やさずに

ここまで歩んできた

彼をとても誇りに思います。


そして

中学1年でオール1が

オール3に変わった生徒も

無事に卒業して4月から

立派な社会人として出発です。


ここからがスタート。


環境や仕事によって

人は変わります。


さらに「いい大人」に

なってくれることを願っています。



「教育は100年」と言われます。


教育現場は昨今、

その場、その時の

結果や成果ばかりを求める

傾向が強くなっています。


しかし、

結果や成果が早く出る人もいれば

何10年後かに出る人もいる。


それが”教育”なのです。


親や先生が言っていたことが

大人になって、または

子供ができて初めてわかった。


そんなことはよくあることです。


わかった、ということは

その言葉を

しっかり受け止めていたから。


忘れていたら、

それさえ気づくことはできません。


人にはそれぞれペースがあります。


卒業するまでにできなくても、

いつかできるようになる、

わかるようになる時が来る。


そんな大きな視点で

教育をとらえる、

という視点は親も教師も

忘れてはならないと思います。



話は変わって…

卒業にちなんで、

本日のFBのお題はこれです。


3文以上で話したり、

書いたりしてみましょう。


Enjoy the rest of your day!

See you next time!



grateful : 感謝して





  • Googleプレイスの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン