top of page

「話せる」というのは”全くの別物”

「スピーキング講座」を

受講してまだ2週間の

30代の社会人の生徒さん。


学生時代は大学受験に向けて

Reading & Grammarばかり

学習していたとのこと。


現在も大学受験ぐらいの

難しい長文は読めるのですが、

日常会話となると

「・・・・」


そんな自分を変えて、

将来英語を仕事で活用したい

と、この講座を受講しています。





その受講生の方は、

「やっぱり英語を読んだり

文法がわかっても、

”「話せる」というのは全く別物”、

ということを実感している」

とのこと。


中学レベルから

スピーキングの基礎を

やり直しています。


予習・復習・レッスン後の自己分析・

自己評価をすることで

よりProductiveなレッスンになるよう、

”スピーキングレッスンメモ”

をレッスン前、レッスン後に

毎回書いてもらっています。


その受講生の方は、

とても学習熱心。


それだけでなく、

「スピーキング専用ノート」を作り、

こまめにメモをとって

復習に役立てています。


その熱心さに感服。

「”英語を話している”という実感

があってレッスンがとても楽しい」

そう言っておられました。


3か月後、6か月後・・・

どんな成長を見せてくれるのか

今から楽しみです。


ところで・・・

「大学受験レベルの問題が解けても、

中1・2レベルの英語が話せない」

「TOEIC(LR)で点数が高くても

ほとんど英語を話せない」

大学入試やTOEICで

いくら点数が良くても、

「話せない」なんていうのは

何も不思議ではありません。


「話す」という評