top of page

「英語民間検定試験活用」令和6年度からに延期。英語学習の視点に変化は?

更新日:2019年11月7日



Hello, there!

How are you doing?



先日、文科大臣により突然

大学入試の「共通テスト」での

「英語民間検定試験活用の延期」

が公表されました。



これに対して思うところは

たくさんありますが、

このために準備をしてきた学校現場は

大変混乱をきたしています。



「何のためにスピーキングの

練習をしてきたのか?」

「今までが無駄だった」



そう思っている生徒や保護者、

学校関係者や塾関係者も

おられると思います。



しかし、

学習(教育の世界)には

「不易と流行」

というものがあります。



時代に左右されることなく

変わることのないものを「不易」



その時代に合わせて

変えることを「流行」



英語の訳読中心・文法中心による

会話力、英語力低迷の反省から

英語の学習における

「聴く」「話す」「読む」「書く」

という4技能の重要性は今や

普遍的な「不易」なのものになっています。



もし、今回の延長により

また学生のスピーキング力向上を

ないがしろにするような風潮に戻れば

国際化社会の中で

対等に渡り合えるために

学習指導要領で

”実践的コミュニケーション力”を

身につけることを第1に掲げ、

「聴く」「話す」スキル向上を

目指したことが

何の意味もなくなります。



そしてさらに、